微生物混入検査前処理装置

自動化で仕事を快適に!

食品微生物検査などの品質管理工程における前処理工程を自動化する装置です。
寒天培地を用いて実施される、食品衛生検査指針に対応。
現在実施の手作業を、そのまま自動化します。

•株式会社ヤクルト本社様

各工場に微生物混入検査前処理装置及び生菌数検査前処理装置をご使用いただいております。

微生物混入検査前処理装置 工程

人の作業  自動処理工程

検体採取 【前工程】

操作者による作業

STEP
1

検体分注

シャーレ蓋も自動開閉てさ、ディスポチップ採用により検体のコンタミもありません(N数対応可能)

STEP
2

培地分注

培地の保温機能や混釈機能搭載。最大3種類の培地に対応します。

STEP
3

情報管理

シャーレ等に必要な情報(サンプルロット番号・日付など)印字できます。

STEP
4

培養/判定【後工程】

STEP
5

微生物混入検査前処理装置 製品仕様

外寸W1600mm x 0900mm x H1900mm (突起物を除く)
重量700kg
電源AC100V /15A 2口
主要装備振とう器、希釈分注器、印字部、 培地分注部、混釈部、検体分注部
製品の仕様・外観は予告なく変更になる場合があります。

画像をアップロード

お気軽に
ご相談ください

人の作業を安心安全に、危険で手間のかかる作業を自動化!スピード社会に対応。ニューノーマル時代を勝ち抜く企業を応援します。