微生物検査前処理装置 フィルム培地用

特許出願中

自動化で仕事を快適に!

簡便・正確・コンパクトなフィルム培地を用いた自動処理
食品衛生検査指針対応


3M™ ペトリフィルム™ 培地は、世界 65 カ国以上で使用され、200 以上の認証推薦(*)された信頼性の高い検査法です。
また、そのほとんどの製品が妥当性確認された検査法として第三者認証機関に認定されています。

「食品衛生検査指針微生物編改訂第 2 版 2018」に収載されています。 「A.O.A.C.(O.M.A.)の認証を受けた簡易測定装置による試験法」(H28.10.7)として検疫所への事務連絡に明示されてい ます。

(*)査読付き論文含む

微生物検査前処理装置 フィルム培地用

簡単・正確・迅速

  • 簡単操作
    試料と消耗品をセットしてスタートするだけ!
  • 必要な機能を全て実装
    検体秤量、ストマッカー処理、段階希釈、フィルム培地検体、スプレッド操作をすべて自動化!
  • 作業効率・QC向上に貢献
    手離れの良い自動処理化と高い正確性・再現性で手技等に依存しません!
  • 広い汎用性
    多様な培地試験に対応したソフトウェア。印字も対応!( オプション)
    装置カスタマイズにも対応!
  • 対応培地
    3M™ペトリフィルム™培地の各種シリーズに対応
  • 微生物検査前処理装置 フィルム培地用
  • 微生物検査前処理装置 フィルム培地用
  • 微生物検査前処理装置 フィルム培地用
  • 微生物検査前処理装置 フィルム培地用

ストマッカー袋に試料を入れ、装置にセットするだけで、検体の秤量、希釈、ストマック処理、段階希釈、フィルム培地への滴下、スプレッド処理までを自動実施します。
 正確性、再現性向上、高度な手技は不要、簡単操作で一発完了 設備、人員不足、QCの向上、廃棄物低減に貢献します!

微生物検査前処理装置 流れ

人の作業  自動処理工程

操作者による作業

検体を10~25 g採取、ストマック袋に投入

STEP
1

検体の秤量希釈液の添加

秤量値に応じて1/10試料液となるように希釈溶液を添加

STEP
2

ストマッカー処理、均一化

任意設定時間ストマッカー処理を実施、1/10試料液調製

STEP
3

段階希釈試料溶液の調製

1/10試料液を分取し、試験管で1/100~1/1,000希釈試料溶液調製

STEP
4

3M™ペトリフィルム™への印字

試料名、希釈乗数、試験日時、操作者などの情報を印字(オプション)

3M™ ペトリフィルム™
3M™ ペトリフィルム™
STEP
5

3M™ペトリフィルム™培地へ展開

希釈済み試料溶液を3M™ペトリフィルム™上に滴下、スプレッド操作

STEP
6

操作者による作業

インキュベータで培養、出現コロニー確認

STEP
7

微生物検査前処理装置 一般仕様

型式FC-01
外寸W1400 mm×D950 mm×H2000 mm
重量約500 ㎏(制御用PC含まず)
電源AC100 V±10%, 50/60 Hz, 12 A
処理時間15分/1検体(計9枚のフィルム培地に検体撒き)
諸条件:ストマッカー時間:20秒
段階希釈:10-3まで
10-1、10-2、10-3、各段分注
各段をフィルム培地3枚(3種)に分注
ストマック処理最大10検体分
推奨ストマック袋サニスッペックテストバック
検体重量10~25 g
秤量精度±0.1g
希釈分注機精度±0.01 mL
対応試験管φ=16 mm, L=150 mm
希釈段数1/10~1/1,000(3段)
適応培地3M™ ペトリフィルム™各種
培地セット種類数3種類x30枚
培地展開時N数1~3任意設定
オプションインクジェット印字

製品の仕様・外観は予告無く変更になる場合があります。

画像をアップロード

お気軽に
ご相談ください

人の作業を安心安全に、危険で手間のかかる作業を自動化!スピード社会に対応。ニューノーマル時代を勝ち抜く企業を応援します。